PERFECT BODYになれる 脂肪吸引クリニックin沖縄
HOME » 痛みは?失敗は?脂肪吸引なんでもQ&A » 失敗しないためには?

失敗しないためには?

各パーツ別に脂肪吸引における失敗例を説明します。失敗例から安全な脂肪吸引を学びましょう。

失敗例から学ぶ、安全な脂肪吸引を受けるコツ

現在、脂肪吸引は安全な治療がほどこされていますが、ほかの病気の手術などと同様に、ときには失敗のリスクも伴います。

「皮膚が凸凹になった…」「思っていたような効果がなかった…」。各パーツごとの脂肪吸引における失敗例を知っておきましょう。

顔を脂肪吸引する場合、最も多く聞かれるのが脂肪を取り過ぎることで生じる顔の変形です。特に口の周囲では、いつも口がすぼまったように見えてしまうケースが目立ちます。

二の腕

吸引しやすいところから必要以上に脂肪を取り除いたことで、二の腕のラインがゆがんだり崩れたりしてしまったという失敗例が見られます。

背中

脂肪を吸引したあとに背中の皮膚だたるんだという報告があります。施術を担当した医師が経験不足によって脂肪をバランス良く吸引できなかった際に起こります。

お腹

腹部は構造上、おへその周囲を避けて脂肪を吸引しなければならず、そのため脂肪の取り残しが生じやすいのが特徴です。

お尻

お尻の形が平坦になったり位置が下がったりする失敗例が見られます。どちらも原因は脂肪の取り過ぎで、ときには皮膚がたるんで元に戻らず、切除しなくてはならないはめになることも。

太もも

右と左の太ももの脂肪の吸引場所が違ったり、吸引する量に差があったりすると、両足の太さが違うという失敗例が発生します。この原因は医師のテクニックが未熟なためですが、太ももは比較的に修正もしやすい部位ですので、まずはクリニックに相談することが大切。

ふくらはぎ

ふくらはぎは脂肪層が薄く筋肉層が張り出しているため、施術によるダメージを受けやすい部位。カニューレを操作する医師の腕が問われることになります。失敗例では吸引した場所の感覚が元に戻らないといったケースも聞かれます。

失敗しないためには?の画像このように脂肪吸引失敗の原因は、医師の技術力や経験不足であることがほとんど。

脂肪吸引で失敗しないためには、腕の良いドクター、患者さんの要望を聴き・患者さんに合った施術は何かをみてくれるカウンセリングや、施術後も患者さんの様子をみてくれるアフターケアがそろったクリニックを選ぶことが重要です。

そのためにはまず口コミ評判やクリニック情報などをしっかりチェックし、安心して任せられる医師を探しましょう!

 
PERFECT BODYになれる 脂肪吸引クリニックin沖縄