PERFECT BODYになれる 脂肪吸引クリニックin沖縄

痛みはないの?

 脂肪吸引の痛みを軽減させる方法各パーツ別の痛み、痛みのピークはいつなのか、ダウンタイムの対処法や気を付けたいことを紹介します。

脂肪吸引の痛み~防ぐ・軽減させる方法~

脂肪吸引は痩身にとても効果的な施術ですが、術後の痛みや腫れなど、リスクの伴うことも忘れてはいけません。

この痛みや腫れが消えるまでの期間のことをダウンタイムと呼びますが、これがどのぐらいかかるかは、医師の技術、吸引した部位や吸引した脂肪のによって変わってきます。

各パーツの痛みと腫れの度合いの目安

ダウンタイムで皆さんが気になるのは痛みの度合いではないでしょうか。脂肪吸引をしたあとの痛みは一般的に筋肉痛に例えられることが多いようです。

術後2~3日が痛みのピークで、それから2~3週間ぐらいかけて徐々に痛みが和らいでいきます。
もちろん、痛みが強い場合にはクリニックで痛み止めを処方してもらえるのでその点は安心してください。

一方の脂肪吸引の腫れも、個人差はあるものの、おおよそ術後1~3週間ぐらいでほとんど消えてしまいます
腫れは圧迫すると早く治ることから専用ガードルやストッキングを付ける場合も多くみられます。

脂肪吸引を考えていて痛みや腫れが気になる場合は、各パーツの痛みと腫れの度合いをリストにしてみたものをご参考ください。

【各パーツ別の痛みと腫れの度合い】

女性の画像…痛み(小)・腫れ(中)

二の腕…痛み(小)・腫れ(小)

お腹…痛み(中)・腫れ(小)

太もも…痛み(大)・腫れ(中)

ふくらはぎ…痛み(小)・腫れ(中)

現在は脂肪吸引の研究も進み、医師の技術も向上して以前よりも危険性や失敗などのリスクが減ってきたといわれています。

ですが、ときには全身麻酔を行うなどすることからもわかる通り、病気の手術と同じくリスクが伴うことも理解し脂肪吸引に臨まなければなりません。

医師のテクニックや経験が未熟だと、ときとして脂肪吸引後の皮膚に凸凹ができてしまうこともあります。

脂肪吸引を希望する際にはクリニックをよく比較してから選びましょう

 
PERFECT BODYになれる 脂肪吸引クリニックin沖縄